忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『恋の伊藤博文』という本がある。タイトルのとおり、伊藤の女性遍歴の一部を記述したもの。明治三十五年、伊藤の存命中に出版されたというのには驚くが、やはり固有名詞に多々伏字があるのが残念。著者・谷槌五郎 (禅罵) とは何者か、今わからない。
序と目次の間に骸骨の図を描き、上に
骸骨の上を装ふて花見哉
下に
芙蓉の白面は帯肉の骷髏
と書いてある。
骸骨の上を装ひて花見かな
とは、鬼貫の句らしい。
PR
ウィキペディアには、
金付けは、書籍の洋式製本工程上で、本の天地または小口に金箔を押す技法である。
日本には1873年にヨーロッパからその技術が伝えられ、一般書籍が和本から洋本に移行しはじめた大正から昭和期にかけて多く用いられた。今日では一部の全集や聖書、手帳などに使用される程度で、その出版数は少なくなっている。
金付けが施された書籍
近代劇大系 全16巻 (近代劇大系刊行会) 1923年
昭和文学全集 全36巻 (小学館) 1989年
ほか
とある。
聖書はわかるが、手帳に天金を施す必要があるのだろうか。
誰だったか、「天金本は、たまった埃を払い落とすのが簡単でいい」と書いていたが、今は家屋の造りもしっかりし、空調も行き届いている所が多いので、埃払いのために天金を施す必要はないのかもしれない。
費用の問題もあるだろう。どれくらいかかるのか知らないが、今の出版社には天金などやっている余裕はないのかもしれない。平成末期に発売された『谷崎潤一郎全集』決定版全26巻は、中央公論新社創業一三〇周年記念出版と銘打っているが、どこかチープな感じがするのは、紙のせいか、造本のせいか。
「一瞥無心」と書いた軍配を持つ行司がいる。ネットを見ると、12代式守勘太夫。
これは行司の心得なのだろうが、私も街を歩く時は「一瞥無心」だ。よほどのことがないと凝視しない。特に人間相手には。
ところが世の中には、ジロジロと見る輩がいる。私のことをすぐ近くで頭から爪先までジロジロ見た人が二人いた。見かけ・身なりで人を判断する人が多いのも事実だ。
四書五経縮めていへば五文字なり
という川柳がある。
仁義礼智信
の五文字。もっと縮めれば
五常
の二文字となる。
『般若心経』は、この世を一文字に縮めて
とした。
ダイエーでクリスマスソングが流れていた。いいメロディだが、何と言っているのかわからない。YouTubeで「クリスマスソング」を調べたが、それらしきものが出てこない。
Googleで「ダイエーがBGMで流しているクリスマスソングは?」と入れると、
human noteが歌うダイエーオリジナルクリスマスソング「Wonderful Christmas」が12/3より全国180店舗のダイエーで流れます!
と出た。YouTubeにもあった。
♪『Wonderful Christmas』ワンダフルクリスマス(ダイエーオリジナルクリスマ スソング)
https://www.youtube.com/watch?v=vMc-55oxpmI
何と言っているのかわからなかったのは、「ワンダフォ」と繰り返し言っているのだった。このPVでは日本語がたくさん出てくるが、店舗では英語の部分ばかり流れていた。このPVに出てくる女性達が、いかにも「普通のおばさん」という感じなのが、ダイエーの景気の悪さを象徴している。
クリスマスソングといえば、やはり山下達郎だ。前奏を聴いただけで涙が出てくる。
Christmas Eve 2019 山下達郎(クリスマスイブ)
https://www.youtube.com/watch?v=j4ovQDuqqgw
山下達郎 クリスマスイブ CD 全曲 / Tatsuro Yamashita Christmas Eve 30th Anniversary Edition Full CD
https://www.youtube.com/watch?v=pviM7tC_hvU
烏亭焉馬『無事志有意』に「茶漬」(吾友軒米人作)という落し噺があった。
武蔵野御茶漬といふ見世を出して、殊の外うれる。友達が来て、「コレきつい繁昌だげな。時に障子にむさしの御茶づけとかいたが、ちつと無理だと思ふ。アノ茶漬の始りは、浅草に海道茶漬といふが有た。夫から銀座町へ山吹茶漬がお茶漬の始り。宇治の茶に山吹といふが有からきこへたに、武蔵野に茶があつてつまる物か」「成程そふいふはもつともだが、おれも海道茶漬が有から、木曾海道茶漬としよふとおもつたが、一度でこりごりせふとおもつて、武蔵野とつけた。心は、はら一ツぱい喰せる思ひ月さ」。
これによって、十八世紀末、天明寛政頃に銀座に「山吹茶漬」のあったことが知られる。店名の由来は宇治の「山吹茶」を用いたから、ということになる。
山吹茶漬とはどのようなものか。山吹色のトッピングがあったのか。あるいは宇治の山吹茶を使ったというのか。
文政七年刊『江戸買物独案内 飲食之部』の料理屋(茶漬屋)には、
山吹御茶漬  新橋北紺屋町  山冨貴源太郎
山吹御茶漬所 日本橋通三丁目 三河屋徳兵衛
山吹御茶漬  堀之内通和田  山吹喜右衛門
山吹御茶漬  本郷二丁目   住屋嘉兵衛
が見られる。
この本に載っている茶漬屋には、
五色御茶漬
七色御茶漬
あは雪御なら茶
などもある。どういう趣向なのか、絵や賞味談が見つからない限り、詳細不明だろう。
ネットを見ると、「京佃煮舗やよい」が、季節限定で
山ぶき竹の子茶漬け
を販売しているという。
山ぶきと筍とを合わせたお茶漬け用のお惣菜
とのこと。
http://www.yayoi-ojako.co.jp/archives/398
「京料理 宇治川」の「宇治茶漬け」は、
玉露玄米茶の芳ばしさを邪魔しない、あっさりとしたお茶漬けです。 自家製の山吹山椒煮がアクセントになります。山吹のほろ苦さ、山椒の清冽な香りが味わいを引き立て、セットには季節に応じたお漬物、茶団子がついてきます。
https://uji-news.com/?p=6307
というものだという。「山吹山椒煮」を使ったから「山吹茶漬」というのも考えられる。
昨年十一月に近くのダイエーがリニューアルオープンした。自前営業を縮小し、テナントをたくさん入れた。ところが、一年ほどで正面入口附近の店が続々と閉店した。最初はコーヒー豆屋、次に和菓子屋、そして喫茶店。彼等は市場調査をしたのだろうか。経営コンサルタントやらに相談したのだろうか。
経営者が愚かなのか、消費者がケチなのか、景気をよくできない政治が悪いのか。
「西の牛、東の豚」という嗜好分布の意外な背景
https://news.infoseek.co.jp/article/president_31351/
という記事があった。
60年前前後、私は肉を買いにお使いに度々行かされたが、買うのは「豚こま切れ」か「豚カレー肉」だった。牛肉などは贅沢品だと思っていた。
37年前、関西に来ると、豚はあまり売っておらず、食べるのは牛肉ばかりだった。文化の違いに驚いたものだ。
戸川残花『幕末小史』に、
年頭御礼三元日は申すに及ばず五節句、八朔、お謡初、嘉祥、其外朔望、二十八日などまで人々供廻り多きより下馬の賑ひは殆んど雑還を極め不雅と申せば申すものゝ慣れて見れば勇ましく
とある。
上田花月の狂歌に、
起るのもあらものうしの年立ては三元日は寝てくらしけり(明治三十四年)
とある。
今は「三箇日」と言うが、幕末・明治には「三元日」と言った人のいたことがわかる。

辞書を見ても、ネットを見ても「三元日」の説明はない。一月の一日・二日・三日はいずれも休みで、三日とも「元日」のようなもの、というような感じなのだろうか。
私が子供の頃は、デパートは元日・二日とお休みで、三日から営業だった。いつ頃から正月休みなし営業になったのだろうか。来年は、元日に休むデパートやコンビニが出てきそうだ。
「文」で始まる「ブンサイ」。『日本国語大辞典』には、
文才・文彩・文債 の三つが、『広辞苑』には、
文才・文彩    の二つが、『明鏡国語辞典』には、
文才       のみが載っている。
二十年以上前、ある古書展で本を買うと、そのコーナーの主人が名刺を差し出した。
古書籍 文砦
とあった。
「ブンサイ?」と言うと、主人はうなずいていろいろ説明した。内容は覚えていない。
十数年前関西大学前の通りで「文砦 この奥」という小さな看板を見かけた。懐かしい思いをしたが、横の細道を入る気にはならなかった。今も店はあるようだ。
昔は「目にしおがある」と言った。愛らしさ、愛想、愛敬。もはや死語だ。『日本国語大辞典』『広辞苑』には載っているが、『明鏡国語辞典』にはその意味がない。
近頃の店員には愛想・愛敬がない。パート・アルバイトばかりだからだろうか。教えられた言葉を機械的に客に向って言うだけ。
昨夜から12時間以上、断続的に「しゃっくり」が続いていた。睡眠時には止まっているが、目が覚めるとまたしゃっくり。
Googleで検索すると、いろいろあったがうまくいかない。YouTubeを見ると、
しゃっくりを30秒で止める方法
https://www.youtube.com/watch?v=6liJD4tdXRI
というのがあった。やってみると、見事止まった。
昨夜息を止めるというのを何回かやってみたが、途中でしゃっくりが出た。下腹部に両手を当てるというのと、10秒・鼻というのがミソだろうか。
十数年前にもしゃっくりでネット検索をしたことがあった。
昭和12年ダイヤモンド社発行の本を入手した。ダイヤモンド社は1913年(大正2年)創立。ウィキペディアを見ても、戦時中に社名・誌名を変えさせられたというような記述はない。敵性語はイケナイのではなかったか。社名は見逃されたのだろうか。
ドラッグストアの棚の端に「おやつカルパス」という袋がたくさん並んでいたので、何物かも知らず、買ってみた。調べるとサラミの親戚らしい。サラミのような辛みはない。60年近く前、父親が酒のつまみにサラミを買ってきて、ついでに食べさせてもらったことがあったが、子供には辛かった。子供には「カルパス」のほうがいいかもしれない。
昭和十九年二月刊本の扉に
望豪研究
望豪研究協会蔵書印
という二つの印が押してあった。
Aは縦2センチ、横1.4センチほどの普通のゴム印で青インク。
Bは1.8センチ四方の篆書体の印で朱。
望豪研究協会とは如何なる団体か。何を研究していたのか。ネットを見ても出てこない。戦禍で消滅してしまったのだろうか。
ネットに「腰ホットン」の記事があったので、早速購入した。一日で腰の違和感がなくなり、楽になった。箱を見ると【医療機器】と書いてあるので驚いた。カイロは「機器」なのだろうか。ウィキペディアを見ると、
医療機器(いりょうきき/medical devices)は、人もしくは動物の疾病の診断、治療もしくは予防に使用され、または人もしくは動物の身体の構造もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(医療用品、歯科材料、衛生用品など)である。
とある。カイロはこの最後の「衛生用品など」の「など」に該当するのだろう。「機器」というのは変だ。
「腰ホットン」の販売は桐灰化学株式会社だが、製造は桐灰小林製薬株式会社となっている。桐灰は小林製薬の子会社となったようだ。
明治・大正・昭和初期の新聞記者には、複数の新聞社を転々とした人が目立つ。これはどういうわけなのだろうか。
次のようなネット記事を見た。
今回リストラを断行する朝日新聞だが、主に若手の中途採用は積極的に行っている。特に、かつては「花形」とされながら激務で若手記者から避けられている警察・司法担当は、産経新聞や毎日新聞からの転職組が多いことで有名だ。
50代の朝日新聞社会部記者がこう話す。
「朝日新聞に新卒で入ってくる学生は、基本的に官僚タイプの優等生が多い。警察や検察周りでの泥臭い夜討ち朝駆けでうんざりし、20代後半で地元の県庁職員などに転職するケースも少なくありません。そこを、産経や毎日で実績を上げた人材で穴埋めするというわけです。
会社が変わるだけで給料が1・5倍くらいに上がるわけですから、声が掛かった若手はすぐに転職してきます。両社の知り合いには、『ウチはもはや、朝日やNHKのための予備校になってるよ』とイヤミを言われます。
毎日はともかく、産経から朝日への転職を意外に思う人もいるようですが、警察や検察取材は基本的に肉体労働ですから、イデオロギーなんて関係ありません。警察取材トップの警視庁取材なんて、いまやかなりの割合を産経、毎日出身者が担っているくらいですよ」
警察や検察を回ってネタを取って来る人を、明治・大正・昭和初期には「探訪(者)」と言った。新聞記者は机の前にデンと座り、外回りは探訪にさせたのである。
正岡容は、「落語時世相」(昭和十五年十二月)で次のように書いている。
ここもとの新体制下に上演禁止の落語(甲乙丙丁に分類された、その丁の部である)が、五十三種ある。上演禁止と云つたとて、当局から禁止されたのではなく、彼らが所謂自粛自戒の禁止である。その証拠には、謄写版印刷に附されてゐるこれら上演禁止落語一覧表をその筋へ提出しにいつたら、先方では、では此は参考に止め置くと云ふ程度に受理して置かう。なぜならハツキリ禁止を承認したとなると、以後の問題が大へん喧しくなるし、又、地方出のお巡りさんなどでこの物語の筋を知らないものには一人一人に五十三種の筋書を与へ、寄席入場のさいそれを対照にしては万一の違反者に備へなければならない。さうなると万事万端が極めて七面倒なことになつてしまふから、よろしくこの種の中でも改訂して上演できるものは適宜におやりなさいと云ふ、大へんさばけた話であつたさうだ。どうも今次の新体制に対する演芸界の連中にはこの種のゆきすぎが、まことに少なくないやうである。
ウィキペディアの「禁演落語」の項には、
戦時中の昭和16年10月30日、時局柄にふさわしくないと見なされて、浅草寿町(現台東区寿)にある長瀧山本法寺境内のはなし塚に葬られて自粛対象となった、廓噺や間男の噺などを中心とした53演目のこと。戦後の昭和21年9月30日「禁演落語復活祭」によって解除。建立60年目の2001年には落語芸術協会による同塚の法要が行われ、2002年からははなし塚まつりも毎年開催されている。
と、「自粛」とは書いているが、「見なされて」と当局の圧力があったかのような書き方である。
実際、冒頭には、
禁演落語とは、国家権力などによって自粛を強いられ、事実上、上演を禁じられた落語のことである。
と書いている。当局の圧力はどの程度あったのか、講談落語協会顧問・野村無名庵に聞いてみないと真相はわからない。この件について、彼の書き残したものはあるのだろうか。
野村無名庵や当時の落語家達を批判する資格は我々にはない。今は人権問題がやかましく、差別的な言葉は使えなくなっている。権力者におもねる大新聞もある。
https://www.mag2.com/p/news/427257
国文学研究資料館の「近代書誌・近代画像データベース」は、書物の一部しか画像が見られないのが残念だが、書誌記述が詳しいので助かることがある。
しかし、「団団都々一」の備考欄に、
扉絵の蛙が手に持った扇子に「官嘗意志[かなめ□]」とあり
http://dbrec.nijl.ac.jp/BADB_MNAY-00081
とあるのには驚いた。

ヒゲをはやした蛙がいるものだろうか。どこかのテストの採点同様、このDBの書誌記述も学生アルバイトにやらせているのだろうか。
蛙と鯰の区別もつかないような人がいるとは、信じられない。日本の未来は暗い。
厚生労働省が「人生会議」という言葉を作った。
「人生会議」してみませんか
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02783.html
例の政府と吉本の癒着からか、妙なポスターが出来て批判を浴びている。
「人生会議」PRポスター騒動で、厚労省が気づかない本当の失敗
https://diamond.jp/articles/-/221879?page=2
ポスターよりも、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)を「人生会議」と名付けることの方がオカシイのではないか。
四字熟語にしたいのなら、「終焉会議」だ。しかし「焉」の字は常用漢字ではない。お役人は、非常用漢字を使って新語を造ることができない。それで「人生会議」という珍妙な名前になった。
無理に四字熟語にすることはない。ACPでもよいのではないか。
子供の頃、母親が「チソ」と言うのを聞いた覚えがある。「紫蘇」のことだ。訛音かと思っていたが、ある文献に「し」の音を嫌う忌み言葉だとあった。『日本国語大辞典』『広辞苑』を見ても、忌み言葉とは書いてない。
「し(=死)」を嫌った忌み言葉は、
波の花(塩)
ちそ(紫蘇)
むらさき(醤油)
六日一日(七日)
などがある。
「する」を嫌った忌み言葉は、
あたり箱(硯箱)
まわし木・あたり木(擂木)
あたりめ(鯣)

などがある。
「無」を嫌った忌み言葉は、
ありのみ(梨)
水商売では「茶を挽く」を連想させるので、「茶」と言わず
出花
と言った。
二年ぶりに赤坂へ行った。前にもまして国際化していた。コンビニは以前からだが、安定食屋の店員(調理師)が外国人だった。東南アジア系。安ホテルに行ったところ、フロントの三人が皆日本人でないのに驚いた。一人は中国か韓国かと思われる女性。一人は白人女性。一人は東南アジア系の男性。皆日本語ペラペラで、白人女性は私の質問に対して即答できた。客は三人とも日本人だったが、エレベーターで一緒になった二人連れは外国人だった。さまざまな国から来る客に対応できるようにしているのだろう。
赤坂通りでは、英語・仏語・独語・中国語・韓国語ではない(私の聞いたことのない)言語で大声で話しながら歩く外国人数人がいた。
私は赤坂しか知らないが、東京のあちこちでこのような現象が起きているのだろう。十数年後には、接客業は外国人とロボットだけ、ということになるのか。
ネット記事に、
思わずハンカチの端を噛むほど悔しい!
とあった。
ハンカチを嚙むというのは、いつ頃から始まったのだろうか。
海賀変哲『端唄及都々逸集』(大正六年)に、
つらい別をかむハンカチに未練が移つた口の紅
という都々逸があるから、大正時代、既に悲しみをこらえてハンカチを嚙んでいたことがわかる。
樋口一葉『にごりえ』(明治二十八年)には、
お力は溢れ出る涙の止め難ければ、紅ひの手巾かほに押当て、その端を喰ひしめつゝ物いはぬ事小半時
とある。
日置昌一『ことばの事典』によると、
わが国では明治十九年六月ごろよりハンカチをクビにまくことが流行しはじめ
とあるから、悔しさ・悲しさをこらえてハンカチを嚙むのは、明治二十年代から始まったのだろう。
高山樗牛『滝口入道』に、
胸中一恋字を擺脱すれば、便ち十分爽浄、十分自在。
と、『酔古堂剣掃』を引いている。しかし、樗牛は「恋」を「恋愛」の意味にとっているようだ。これはイケナイ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
3
5 9 10
12 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
(01/11)
(01/08)
(01/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone