忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
先日、ラジオで「道草研究家」登場の予告があった。当該ラジオ番組は聞けなかったが、HPによると、稲垣栄洋氏か。この人は本当の「草」、植物を研究しているようだ。私の予想とは違った。http://www.mmbk.info/2010/07/2.html
私は、「道草を食う」「目的の所へ行き着く途中で、他の物事にかかわって時間を費やす」という意味の「道草」を考えていた。
ところが、本日「みちくさ学会」のHPにぶつかった。
http://michikusa-ac.jp/


【みちくさ学会】とは?路地、看板、標識、坂道などは...興味のない方にとってみれば風景の一部に過ぎません。しかし、これが好きで好きでしょうがない人にとっては魅力ある対象です。「みちくさ学会」は、その道のブロガーが興味の対象としてる対象物の面白さと、その鑑賞術を紹介。“みちくさ”の楽しみ方を提案するブログメディアです。
「道草」といえば、小学校の通学路だ。市街地ではあったが、50年以上前なので、田園風景に近いものもあった。一番面白かったのは、牧場? 牛舎があり、牛の運動場があり、牛乳を絞る目的なのだろうが、牛が数頭いた。中には入らなかったが、道ばたから中を覗いていたものだ。その反対側には麦畑があった。ヘリコプターが飛んできてビラをまいた。この畑にたくさん落ちたのを拾った記憶がある。竹屋があって、竹が何百本と立てかけてあった。傍に竹林があったかどうかは記憶にない。材木屋があった。ここが一番金持ちそうで、広い敷地に沢山の材木が立てかけてあった。誰に教わったのか、地蜘蛛の巣をほじくり出したりした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone