忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
映画『黄色いからす』(1957年)を見た。これには思い出がある。しかし映画の内容は全く覚えていない。小学1年の3学期に見たはずだ。担任の先生が月曜日に「日曜日にあったことを話しましょう」とかいう時間を設けていて、その際にこの映画のことをよく話せた、ということを先生が母親に伝えたらしい。母親が父にだか自慢げに話していたのをおぼえているが、私自身は何を話したのか覚えていないし、映画も全く覚えていなかった。話してすぐ忘れたのかもしれない。日曜日の出来事を話す時間で記憶があるのは、映画の説明をしていて結末部を忘れてしまい、花屋の小林えっちゃんという女の子から「それからどうなったの?」とせっつかれて往生したことだけだ。その時間も、その後どうなったのかは覚えていない。授業終了のベルが鳴って救われたのかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1404] [1403] [1402] [1401] [1400] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395] [1394]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone