忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
以下はあまり上品な話ではないので、下半身関係の話が嫌いな方は読まないでいただきたい。
ネット用語でいうと、【閲覧注意】である。
本来なら「鶯亭金升」のページを作って、そこで紹介すべきものだが、今それだけの準備と余裕がないので、とりあえず備忘のために書き留めておくものである。
鶯亭金升『明治のおもかげ』(岩波文庫)の「人生走馬燈」の末尾に、
 徳川家康公が天海僧正に対って「どうしたら長寿をするか」と問われた。天海の答に「粗食、小食、読経、それから日々入浴して御下風あるべし」と言ったとやら。御下風とは放屁の事だそうな。年を取ってから毎朝起きる時ブウと一発おならをするその気持の好い事と言ったらない、屁の出ない日は気分がわるい。入浴も好い。粗食小食はむずかしい。僕は大食して今日になった。烟草は有害と思いながらも十六歳から八十余歳の今まで昼夜吸っている。若い時は朝寝、夜更し、夜明し、大食、随分不養生をしたけれど幸いに医師のお世話になった事は少い。
とある。
福富織部に『屁』という著書がある。大正十五年刊。この序文が、鳶魚幽人、鶯亭金升、剣花坊、野崎左文と豪華だ。金升の序文を紹介しておく。


 思ふ事言はねば腹の膨るゝわざ、ブウブウを鳴らして不平も尽ぬ世のならひ、其処を平気の平左と極めて、浮世を茶粥や芋粥に、腹はブツブツ言ふとても、柳に受ける風の如く、疳の虫を握り殺してノンキに暮らせば、鼻つまみの退けものに扱はれる難も無し、観ずれば屁の様な、へゝゝゝゝと独り笑って、机にむだ書きの筆を弄あそぶ処へ、郵便の声あり、ヘイと受取て開封すれば、屁の玉を聯ねたる新著に何か一筆染めよとの御所望に、スカシばかり仲間入と古く洒落てブ文を添る者は
    黄表紙好きのヘドツ子
              鶯亭金升

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2056] [2055] [2054] [2053] [2052] [2051] [2050] [2049] [2048] [2047] [2046]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
7 8
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/20)
(06/20)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/18)
(06/18)
(06/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone