忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
今朝の文化放送「グッモニ」最後の話題は駄菓子。福井謙二は紙芝居の水飴。二本の棒でこねくり回して半透明の水飴を白く濁らせるのが面白かったという話。水谷加奈はそんなのは知らないという。これを受けたクニマルの話は細かすぎた。近所に駄菓子屋が三軒あったという。数年の違い、土地の違いで、子供の頃の想い出はずいぶん違う。
私も小学校低学年では紙芝居の水飴をなめた。紙芝居は飴つきで五円だった。小学校へ行くのに南コースと北コースとあったが、ほとんど南だった。帰りに北を通ると、学校のすぐ近くに駄菓子屋があった。おばさんが店先に出ている時もあったが、ほとんど奥にひっこんでいた。入り口近くには駄菓子類があったが、少し離れると駄雑貨・駄玩具だった。学校とは反対の方にも駄菓子屋のようなものがあったのを覚えている。奥の座敷では寒くなるとお好み焼きをやっていた。子供達が自分で作る。ほとんど饂飩粉で葱と紅生姜が若干混じっている。今のクレープのような感じで薄っぺらなものだ。最後にソースを塗る。これが15円なので、10円小遣いの私にはなかなか手がでなかった。一度だけ食べた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1639] [1638] [1637] [1636] [1635] [1634] [1633] [1632] [1631] [1630] [1629]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone