忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
現在では皇族以外の人々に身分制度というものはない。しかし、大日本帝国憲法下では、「華族」制度があった。いつの世も金次第。江戸時代には、旗本・与力・同心などの身分が金で買えた。明治大正にも爵位は金で買えたようだ。
『驥尾団子』第二百三号(明治十五年)掲載の上田花月狂歌の詞書に、
蓮の花は其様気高し云ば能好(のうずき)なる馬華族の紅葉館に舞たらんが如し
とある。
紅葉館とは、今の東京タワーの所にあった会員制の高級料亭。政治家・実業家・文人・華族・軍人の社交場として使われた。
『滑稽新聞』第十号(明治三十四年)には架空の判決文が掲載されているが、その被告は、
住所不定馬華族
 風俗新聞編輯兼発行人
       小山難太郎
となっている。
検事が小野村夫、判事が富田源助・荒間伊弥太・南野琴造、書記が忠海浪人となっていることからも、実際のものではないことが明らか。
共に「華族」あるいは「華族制度」を「馬鹿」にしているようだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2382] [2381] [2380] [2379] [2378] [2377] [2376] [2375] [2374] [2373] [2372]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
16
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(07/20)
(07/19)
(07/19)
(07/18)
(07/17)
(07/15)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone