忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
昔は「関東甲信越」と言っていた。最近は「関東甲信」と言っている。何故新潟を除外するのだろうか。何故長野が入るのだろうか。
以下、ウィキペディアの記述。

広域関東圏(こういきかんとうけん)とは、関東地方1都6県に、その周辺県を含めた総称。
一般的には、関東1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(1943年6月30日までは東京府、1943年7月1日都制施行により東京市廃止[1])、神奈川県)と甲信越3県(山梨県、長野県、新潟県)及び静岡県の1都10県を指し[2]、静岡県を除いた地域は特に関東甲信越とも呼ばれる。また、広域関東圏は福島県を含めた1都11県とする場合もある。

日本の首都圏は、1956年(昭和31年)に制定された日本国の法律「首都圏整備法」において『東京都の区域及び政令で定めるその周辺の地域を一体とした広域』と定められ、さらに同法律の下位法令である政令「首都圏整備法施行令」において『首都圏整備法 (以下「法」という。)第二条第一項の政令で定めるその周辺の地域は、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県及び山梨県の区域とする』と定められている。
なお、近年では「首都圏」とは別の東京周辺地域を指す用語である「東京圏」(生活圏)あるいは「東京都市圏」(都市圏)などが首都圏と同義で用いられることも多い。これらの圏域は、本来「首都圏」とは別の範囲を指している。
各種の統計資料等では、東京都心から50km - 70kmの圏内(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県[1])、あるいは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県を、「東京圏」や「東京都市圏」として定義する事例が多く見受けられる。概ね南関東と同義であるが、千葉県の南房総や東京都の島嶼部を除いて、代わりに茨城県南西部(旧新治県の西側地域)を含める場合が多い。
近年、内閣府を含めた官公庁や民間団体が「首都圏」という言葉を、東京都区部及びその近隣域を指す「東京圏」や「東京都市圏」の範囲として用いている例がある。

東京を中心とする地域の定義一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E7%94%B2%E4%BF%A1#1.E9.83.BD6.E7.9C.8C.E4.BB.A5.E4.B8.8A.E3.82.92.E5.90.AB.E3.82.80.E5.AE.9A.E7.BE.A9
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone