忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
明治初期の銀座の寄席について、松林伯知「銀座の寄席」(『銀座』資生堂化粧品部。大正十年)に次のようにある。
此の銀座が煉瓦に成りましたのは、申上げるまでも御座いませんが明治五六年の頃でしたが、其の頃銀座四丁目の木村屋さんが開業せられ、其の二階を寄席にして講談を昼夜興行(うつ)ことに致されました。時に明治七年、文明の魁と自ら誇つた松林伯円が此の銀座の銀座亭の席開きでした。それと同じ頃に今の時事新報社の隣りへ鶴仙亭といふ艶物と義太夫をかける席が出来ました。ところへ新橋の際の今シンバシ・カフェーのあるところへ繁松亭といふ講談が一軒出来ますと、京橋の近くへも、松田といふ料理屋が煉瓦の表通りへ出るについて其の跡を出入の頭が引受けて金沢亭といふ寄席を始めました、これが今日もある金沢亭です。其後明治十四五年に至り繁松亭は潰れましたが、十二年の頃三十間堀三丁目角へ寿亭春日人三郎といふ信州飯田の人が黒田子爵の依頼であの辺の家主を兼ねて寄席を開きました。冬は格別でもありませんが夏は銀座煉瓦地唯一の涼しい処で、昼夜共大入を続けましたが、主人が没してから止めました。其の後の春日さんは電話業で頗る成功されて居ります。そして今日では銀座の寄席といへば金沢亭一軒ぎりになりました。
ここに出て来る寄席を列挙すると、
銀座亭・鶴仙亭・繁松亭・金沢亭・寿亭
の五軒である。
『京橋繁昌記』(大正元年)には、
金沢亭 銀座一丁目十三番地
銀座亭 銀座四丁目十一番地
新橋演芸館 竹川町
の三軒があるから、大正元年から十年までの間に、銀座亭・新橋演芸館が廃業したことがわかる。新橋演芸館を経営していた多賀六郎の子・多賀義勝の『大正の銀座赤坂』(青蛙房。昭和五十二年)によると、新橋演芸館の廃業は大正三年である。新橋演舞場が出来たのは大正十一年である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2147] [2146] [2145] [2144] [2143] [2142] [2141] [2140] [2139] [2138] [2137]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/28 長財布 メンズ スーパーコピー]
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone