忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
昼にカボチャ、夜はフキを食べた。共に子供の時の味と全く違う。味覚が衰えたことがあるのかもしれないが、それ以上に、野菜が「野性味」を失っていると思う。子供の頃、母親がカボチャ大好きでよく食べさせられたが、カボチャの個性的な味には閉口した。それが今日のカボチャは死骸のように自己主張が全くなかった。フキも昔はエグイ感じで好きになれなかったが、今日のは単なる食物繊維の束でしかなかった。果物もやたらと甘くなっている。糖度が高いということは、人間で言えば血糖値が高いようなもので、病的なのではなかろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1768] [1767] [1766] [1765] [1764] [1763] [1762] [1761] [1760] [1759] [1758]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
5
8 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/15)
(10/13)
(10/10)
(10/10)
(10/10)
(10/10)
(10/10)
(10/09)
(10/07)
(10/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone