忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
今朝のNHK「ラジオ深夜便」で遠藤ふき子さんの声を聞き、しみじみ「いいなあ」と思った。私より年上で元アナらしいが、声・発音のレベルではなく、発する言葉に余韻のようなものがある。「日本語とはこれほど美しいものだったのか」と実感できた。ある一連の言葉を発するとする。普通の人の場合は、それが音の振動になって聞く人の耳に達するのだが、遠藤さんの場合は、それ以外に「言葉の名残」のようなものがその後瞬間瞬間に伝わってくる。「余韻」「名残」としか言いようがないが、+アルファのある話し方だと思った。名人芸というべきだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[800] [799] [798] [797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone