忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
名文にもいろいろあるが、やはり口語文よりは文語文のほうがよい。特に死者を悼む文章は感情が籠っていてすばらしい。
『文芸倶楽部』第二巻第十五編(明治二十九年十二月十日)の「樋口一葉女史を悼む」は、稀代の名文と言ってよいだろう。
◎樋口一葉女史を悼む  一たび浮世の『濁り江』に、其才筆を染め、人生無限の恨を寄せてより、爾来明治才媛の名日々に高く、『十三夜』に、不遇の恋を写し、『たけくらべ』に、少女の果敢なき恋を描き、其想は、高く人意の表に出で、其文は、優に明治詩界の重きを為し、巾幗者流の文豪として許されたる一葉女史樋口夏子の君は、尚二十五歳の齢を以て逝きぬ、哀しい哉。
抑々女史は、其年十七にして父を喪ひ、爾後は、老母と幼妹とを、わが身一人にて保育し、具さに人生幾許の辛酸を嘗め、なかなか読書問学の暇とてはなく、小学すらも卒業せず、今より十年前花圃女史等と共に、僅かに中島歌子女史に就て歌道の一端を学びしことのあるのみなるに、天才はよく女史をして金玉の作を出せしめぬ。
女史人と語ることを好む、今年の夏の暮れ八月頃より図らずも肺炎を患へて、爾来病勢愈々篤く、或る日親しき人の訪ひし時、枯容悄然静かに語りて曰く、『妾は不幸にして処女時代を有たず、常に家計のことに齷齪して、妾が半生は殆ど涙のみ、唯慈悲深き母をして、聊かも心を安んぜしむるものなく反つて痛恨を増しむるを悲む』と。斯く北堂に孝心深かりし人とて、其病に悩めるうちも、絶えず面に微笑を帯て、苦悶の状を示さず、十一月廿三日午前十一時永く此世を辞する四五時前も、微声を洩して笑ひつゝ逝けりと、蓋し北堂の心を安めむとてのことなるが、誰か其心情の優にやさしきを感ぜざらんや。されば女史が、其心華を咲しめし著作を見れば、総て社会逆遇の人に向つて同情を表するが為めのものにして、読者一点の霊心、知らず知らず何物かに感動するある所以は、唯之れを以てのみ。
嗚呼女史逝きぬ、十一月廿五日築地本願寺に葬る、文壇知名の文士多く会葬し、本館々主亦之れに会せり。嗚呼玉砕く、本郷丸山福山町女史の空屋、復琤々の声を聞く能はず、哀しい哉、倶楽部記者こゝに一句を賦して、永く無限の恨を寄す。
   木がらしや、暮れ行く空に月の影。
さて、この筆者は誰か。奥付には、「編輯人宮澤春文」とある。しかし、『文芸倶楽部明治篇総目次・執筆者索引』の解題は、「名義上の編輯人が実質的な編集長とは限らない」として、「博文館編輯局のトップであった大橋又太郎(乙羽)が「実際の編輯」担当でもあった」とする。
ウィキペディアの「大橋乙羽」の項には、
樋口一葉とは1895年(明治28年)に半井桃水から紹介されて知り合い、乙羽の依頼で一葉は「ゆく雲」「にごりえ」など代表作を発表している。また乙羽の妻・ときも一葉から和歌の指導を受けるなど夫婦で親交があった。
とある。
よって、この追悼文は大橋乙羽の手になるものであろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2435] [2434] [2433] [2432] [2431] [2430] [2429] [2428] [2427] [2425] [2424]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone