忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
「グッモニ」で福井謙二が「『貼付』は「てんぷ」とも読む」と言った。『デジタル大辞泉』を見ると、そのように書いてある。

ちょう‐ふ 〔テフ‐〕 【貼付】
[名](スル)《慣用読みで「てんぷ」とも》はりつけること。「封筒に切手を―する」

『字通』にも「テン」の読みがあるので驚いた。


字音:チョウ(テフ)・テン
字訓:はりつける・はる・おぎなう
声符は占(せん)。占に帖(ちょう)の声がある。〔説文新附〕六下に「物を以て質と爲すなり」とあり、〔南史、孝義〕に「〓にして以て〓する無し。身自ら販貼す」という「販貼」とは、前借りして働く意である。上に貼り足して補筆することをもいい、唐代では詔勅の文を改めることを貼黄といった。貼りつけるときは貼付(てんぷ)という。

20年以上前、甲子園球場に出張していた郵便局で記念切手を買った。葉書の裏面中央に切手がはってある。「これで出せるのですか?」と尋ねると、「表に『切手裏面貼付』と書いてください」と言った。「ちょうふ」と言ったからわかったが「てんぷ」と言われたのでは聞き直したであろう。

朝日・読売が「切り張り」と書いている。これは「切り貼り」と書くべきだ。「貼」は4年前に常用漢字の仲間入りしたが、『新聞用語字典』がこれに対応していないためだろう。常用漢字では「貼」には「ちょう」の音しかない。「てん」には首をかしげる。「てんぷ」には「添付」があるではないか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1180] [1179] [1178] [1177] [1176] [1175] [1174] [1173] [1172] [1171] [1170]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone