忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
暴風警報が出て午後休講となったので、東宝シネマに出かけた。「コクリコ坂から」。出来はよくない。設定・筋立てにアラ・矛盾が見える。
第1。澤村(松崎)雄一郎が風間昭雄に俊を預ける時、「俺の子だ」と言うだろうか。戸籍上は俺の子だが、実は親友立花洋の子だ、と言うはずだ。風間昭雄は、松崎良子が妊娠中で、それが初めての子だということを知っていたはずだ。風間昭雄が俊に対して、「お前は沢村雄一郎の子だ」と言うのがオカシイ。
第2。小野寺善雄は、澤村(松崎)雄一郎が風間昭雄に俊を預けた時、航海に出ていたという。それならば、小野寺は事実・詳細を知らないはずだ。それが決定的証人のようにして出てくるのはオカシイ。
戦争は様々な悲劇を生んだ。しかし、私の両親のほうがよほどドラマチックな人生を送っている。もう少し波乱ある設定の話を選ぶべきだ。
東京オリンピックの前年の設定。昔懐かしいものが出てきた。荒物屋。徳用燐寸。羽釜。お櫃。タイル貼りの流し。魚屋店頭の大俎板。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone