忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
まともな書物に誤記を発見すると「してやったり」という感じになる。みすず書房といえば、どちらかというと「硬派」の出版社だ。
『明治新聞雑誌関係者略伝』(明治大正言論資料20)の「倉辻明義」の説明に「伊豆大洲出身」とあるが、これは誤りだ。伊豆に「大洲」という地名はない。静岡県藤枝市に「大洲」という地区があるが、これは伊豆ではなく「駿河」だ。「大洲」といえば、愛媛県、伊予に決まっている。「伊予」とあるべき所を「伊豆」と間違っている。
なぜこのような間違いが起きたか。この項目の末尾に 
〔参考〕『昭和新聞名家録』 
とある。これをそのまま写したためである。昭和五年十二月二十五日発行『昭和新聞名家録』には
明治十年五月廿一日伊豆大洲の生れにして
とある。しかし、昭和三年十二月二十日第一版、昭和四年十二月二十日第二版発行の『新聞人名録』には 
(原籍)伊予大洲 君は明治十年五月十一日に生れ 
とある。『新聞人名録』のほうが正しいであろうと推測される。これを書き写す時か活字に組む時に「伊」を見て「伊豆」と思い込んだのだろう。してみると、「五月廿一日」という誕生日も信用できなくなる。『新聞人名録』の「五月十一日」のほうが正しいのではなかろうか。
倉辻白蛇のように「編輯長」「主筆」「論説委員」などの肩書きがつく人物は『新聞人名辞典』を見ても出てくるが、私が知りたいのは「石田龍蔵」だ。この人はヒラ止まりだったのか、出てこない。困った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone