忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
「誤植」とは、本来活版印刷・写真植字について言うべき言葉だが、ミスプリントの代用語として今でも使われるようだ。パソコンなら「誤変換」「誤入力」、OCRなら「誤認識」と言うべきだ。
明治期の新聞・雑誌を新たに本にする場合、誤字に泣かされる。原稿が手書きだから、その判読に苦しむこともあるだろうし、植字工のレベルが著者以上とは思えないので、誤植が時々見られる。とんでもない間違いならいいのだが、ヘンだけツクリだけが同じもの、音訓が同じもので間違えているものになると苦労する。活字が磨耗しているもの、印刷が鮮明になっていないものも困る。
何度も見直したはずなのに、本が出来上がってから間違いに気付く。活版印刷の時代なら費用がかかって直しも大変だったろうが、今はチョイチョイと訂正できるだろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1979] [1978] [1977] [1976] [1975] [1974] [1973] [1972] [1971] [1970] [1969]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone