忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
沼波瓊音『大疑の前』に、「訳」として、
「ひきつくろひて」女の許へ手紙を書く、と云言源氏に多く見ゆ。これを現代語に訳せむとするに、「気取つて」にては厭味の態度に思はれ、「心を籠めて」にては形を美しくする方の意が無く、「改まりて」にては艶気が映らず、よき適当の現代語無きに窮せり。外国文を訳する人、斯る事多く遭遇することなるべし。
とある。
今、源氏は措いておいて、『蜻蛉日記』に、
歎きつつひとり寝る夜のあくる間はいかに久しきものとかは知ると、例よりはひきつくろひて書きて、移ろひたる菊に挿したり。
とあるが、この「例よりはひきつくろひて」をどう訳すか。瓊音の例示によって「いつもより気取って」「いつもより心を籠めて」「いつもより改まって」としても、ピッタリこない。現代語訳は難しい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2531] [2530] [2529] [2528] [2527] [2526] [2524] [2523] [2522] [2521] [2520]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/28 長財布 メンズ スーパーコピー]
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone