忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
世の中には、よくよく考えるとおかしなことがある。
「蛍雪の功」という言葉がある。
苦労して学問に励むこと。蛍の光や雪明かりで貧乏に耐えながら勉学すること。
という意味で納得していたが、
『蒙求』に「孫康映雪」「車胤聚蛍」がある。
車胤は、夏の夜に蛍を数十匹つかまえて絹の袋に入れ、蛍の光で本を読んで勉強した。
孫康は、冬の夜に窓辺に雪を積み上げて、雪の反射光で勉強し続けた。
というものだ。
それなら、車胤は冬の夜はどうやって勉強したのか。雪の降らない地方なので、勉強できなかったのか。
孫康は、夏の夜はどういう勉強法を工夫したのか。近くに蛍など飛んでいなかったのか。
私は小学校時代、平机で勉強した。机の上に明かりはなかった。部屋の白熱電球で本を読んだ。
中学生になる時、椅子つきの学習机を買ってもらった。蛍光灯スタンドがついた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1793] [1792] [1791] [1790] [1789] [1788] [1787] [1786] [1785] [1784] [1783]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 6 7
8 10 12 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(04/22)
(04/13)
(04/13)
(04/11)
(04/09)
(04/05)
(04/04)
(04/02)
(04/02)
(04/02)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone