忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
露文学翻訳者・湯浅芳子の文章に次の一節があった。
私たちが住んだ家の真向いは床屋だった。「清国人耳そうじ」と書いた札が出ていて、表に面したガラス窓近くに弁髪の中国人の姿が見えた。耳掃除する様子を窓から覗いた。長い弁髪に中国服を着た男は、丁寧に耳掃除をしたあと、ピンセットのようなものをブルンブルンふるわせ、耳の中に入れてあるタンポの柄にあてて刺戟する。
湯浅は明治29年生れ。この耳掃除の仕方は私の子供の頃まであった。床屋では大人が顔に温かそうなタオルを当てられ、ヒゲを剃られるのがうらやましかった。耳掃除も音叉の細長いようなものをビーンと鳴らして耳掻きに当てていた。子供には耳掻きをやってくれなかった。湯浅は「ピンセットのようなもの」と書いているが、ピンセットではなかろう。
耳かきの端についている球状の羽毛を、湯浅は「タンポ」と書いているが、TBSラジオ「ラジなん」では「梵天」と言っていた。こちらが正解だろう。
十年ほど前だろうか、耳掻き店がはやったことがある。電車に時間があったので、駅ビルの耳掻き店に入ってみた。耳掻き数種を目の前に出して「どれにしますか」と言う。道具を選べる他は、どうということのないものだった。千数百円払ったが、自分でやった方がいい。
それより更に十年ほど前。片耳が聞こえなくなった。安眠のため耳栓をして寝ていたが、耳栓によって耳垢が外耳道の奥に詰まったのではないかと思い、耳鼻科に行って取ってもらった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1748] [1747] [1746] [1745] [1744] [1743] [1742] [1741] [1740] [1739] [1738]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
5
8 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/15)
(10/13)
(10/10)
(10/10)
(10/10)
(10/10)
(10/10)
(10/09)
(10/07)
(10/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone