忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
上田花月二十歳の時の作に「老翁」という題の戯文がある。
七十年高達者翁、欲張還願齢無窮、工為仕事瞳猶瞭、能聴音声耳未聾、香物嚙来顋頻動、花嫁去口甚雄、是爺壮健心如矢、何若其腰似大弓、
年よりをさんざん褒めて最後に落とすというやり方だが、私はまだまだ腰は曲がっていない。百数十年以上経っているので、老人も違っている。そもそも、今は七十で本当の「高齢」とは言えない。七十五から「後期高齢者」ということになっている。この定義もそのうち変わるだろう。みんな七十五まで働かされることになるかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2584] [2583] [2582] [2581] [2580] [2579] [2578] [2577] [2576] [2575] [2574]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/15)
(10/14)
(10/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone