忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『筑摩書房の三十年』を読んだ。
社史というよりは古田晁の伝記といった感じだ。
社史編纂室ではなく和田芳恵の手になったのがよかった。
こういうものは二度と現れないだろう。
ここに描かれた人々は皆あの世に行っている。和田が用いた資料を、何の遠慮もなく使ったら、もっと面白い本ができるのだが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2386] [2385] [2384] [2383] [2382] [2381] [2380] [2379] [2378] [2377] [2376]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
16
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(07/20)
(07/19)
(07/19)
(07/18)
(07/17)
(07/15)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone