忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『南嶺遺稿』に、
書物の帙、古来は竹にて編むものにて、竹を随分細くしてこしらへたり。源氏物語に、竹帙と有。是にて書物を巻ておく也。
とある。
『日本国語大辞典』には、
ちす【帙簀】〔名〕(「ぢす」とも)経巻などを包む帙(ちつ)。竹のすだれを心(しん)にして、四周を錦でふちどり、裏に綾をつけ、巻き緒、組み緒をつけたもの。竹帙。
とある。
昔は「竹」が生活の隅々にまで存在した。私が小学生の時は、通学途上に「竹屋」があり、裏手には竹がびっしりと並んでいた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2585] [2584] [2583] [2582] [2581] [2580] [2579] [2578] [2577] [2576] [2575]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/15)
(10/14)
(10/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone