忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
日置昌一のことを書いた本がないかと調べると、紀田順一郎『知の職人たち』(新潮社)があった。
吉田東伍・石井研堂・斎藤秀三郎・日置昌一・巌谷小波・新村出
の六人を扱ってる。
日置は子供達に自分の履歴の詳細を語ることもなく、自伝らしきものも残していない。座談会に発言が若干残る程度だ。
十五の時以来、上野の図書館に十七年間、中で二日ばかり休みましたが、毎日朝九時から夜九時まで行って本を読んだ。
という。
六千日以上国会図書館に通い続けるのは尋常でないが、その間の生活費はどうしていたのかと疑問に思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2436] [2435] [2434] [2433] [2432] [2431] [2430] [2429] [2428] [2427] [2425]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone