忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
相撲改革案。
①土俵を変える。怪我する力士が続出するのは土俵のせいだ。江戸時代は土しかなかったろうが、今はプラスチックでも繊維でも、上等なマットができる。プロレスなどよりずっと上等なマットを作り、そこで勝負すべきである。
②立ち会いを変える。息が合うの合わないのとやっているが、姑息な力士が得をするだけだ。百メートルスタートのようにするか、チャイム三、二、一で立つようにするか、音に合わせさせるべきである。フライングは負けとすればよい。手を突く所にタッチパネルを組み込み、両手を触れずに立った者は負けとする。
③決まり手を限定する。張り手、決め技、とったりなどの危険な技を禁止する。今はチョンマゲをつかまない限りオーケーだが、今後は相手の髪の毛に手を触れたら負けとすべきである。手に油がつくから証拠検証はできる。のど輪など、首から上は攻撃してはいけないとすべきである。
④観客席を変える。客席は全て椅子、又は階段式にして、腰掛け式にする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2450] [2448] [2446] [2445] [2444] [2443] [2442] [2441] [2440] [2439] [2438]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone