忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
昨日、初場所千秋楽結びの一番。白鵬がわざと負けたような気がしてならない。稀勢の里を土俵際に追い詰め、盛んに腰を振って攻め立てるフリをしたが、廻しに手をかけなかった。廻しをとっていれば簡単に寄り切れたし、投げることもできた。両手を真っ直ぐ伸ばししたままだったのは、稀勢の里に勝ちを譲るつもりだったとしか考えられない。
白鵬はヒールに徹することができなかったのだろうか。情に負けたのだろうか。それとも無言の圧力を感じたのだろうか。K-1ですら禁止されている肘打ち(エルボー)で豪栄道を左眼窩内壁骨折させた気迫は見られなかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1605] [1604] [1603] [1602] [1601] [1600] [1599] [1598] [1597] [1596] [1595]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone