忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
明治の昔、横浜毎日新聞は、書く記事がなかったので四ペーシ目を白紙とし、「好きなことを書いてください」としたという。
今回入手した本は、序2ページ、目次3ページ、本文173ページだが、その後32枚64ページ分が方眼目のついた白紙だ。メモ用とも記録用とも、何の記述もない。約四分の一が白紙というのは珍しいのではないか。
昭和8年5月15日発行、木下桂風編『茶人必携』(鈴木書店)。アテにしていた記述がなかったので、捨てようかと思ったが、珍しそうなのでやめた。翌年刊の続篇は国会図書館にあるが、デジタル版になっていて原本は確認できない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1849] [1848] [1847] [1846] [1845] [1844] [1843] [1842] [1841] [1840] [1839]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone