忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『玉川砂利』という書名の本があるのを知り、驚いた。土建業者の本ではない。大田南畝作。南畝は、業務で多摩川の堤防視察などをしていたようだ。しかし、この本は業務報告ではなく、雑記・雑録・雑文だ。序に「さゞれいしといへば奇麗に聞ゆれど、小砂利はおなじ小砂利なり」とある。物は言いよう。「砂利」と謙遜しつつも、「人間一生も此位な者なるべし、得喪禍福毀誉成敗日夜前に引道具にて、せんの方はおかはりおかはり」など、達観した所もある。誰やらの辞世に「おかはりおかはり」というのがあったと思うが、今、出てこない。南畝よりは後の人だったような気がする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2597] [2596] [2595] [2594] [2593] [2592] [2591] [2590] [2589] [2588] [2587]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone