忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
古書の裏見返しを見ると、「満蒙開拓青少年義勇軍訓練所」と縦長のゴム印が押してあった。黒インクで枠線はない。左には小さく方形の朱印が押してあるが、かすれていて読めない。かすれていなくても読めないだろうが。右には黒ペンで「満蒙開拓青少年義勇軍弥栄」とやや大きく書いてある。
ウィキペディアには、
満蒙開拓青少年義勇軍とは、日本内地の数え年16歳から19歳の青少年を満州国に開拓民として送出する制度であり、満蒙開拓団に代表される満蒙開拓民送出事業の後半の主要形態である。
とある。
この本は、昭和二年六月十日初版発行、昭和三年七月一日三版の、『江戸売笑記』(宮川曼魚)で、批評社から出たもの。「義勇軍訓練所」で、こんな軟派な本を購入していたというのも面白い。ウィキペディアによると、この義勇軍訓練所は、満州ではなく、茨城県内原(現在水戸市内)にあったという。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2731] [2730] [2729] [2728] [2727] [2726] [2725] [2724] [2723] [2722] [2721]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/28 長財布 メンズ スーパーコピー]
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone