忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『活版術階梯』(明治三十五年)九頁に活字の図があり、へこみ部分の説明には、
韯目とは、抦の一片に鑄なされたる凹線、(ニツク)
とある。
「韯目」「センモク」だろう。
『新漢語林』を見ると、
韯 は 韱 の俗字で、韱 とは、
①やまにら。山野に自生するにら。
②ほそい。
だという。「韯目」は「細い溝目」といった所だろうか。
三省堂ホームページ「活字と組版」には、
ネッキ
とある。
https://www.sanseido-publ.co.jp/conts/type.html
ネッキとは、『日本国語大辞典』を見ると、
活字の軸の一面に刻まれている溝。文選、植字の時、活字の背腹・大小・書体などの区別がしやすい。
という説明がある。別称などは書いてない。
ニックもネッキも似たようなものだ。
明治時代の文選工・植字工は何と言っていたのか。センモクかニックかネッキか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2158] [2157] [2156] [2155] [2154] [2153] [2152] [2151] [2150] [2149] [2148]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/28 長財布 メンズ スーパーコピー]
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone