忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
明治四十一年『東京区分地図』「麴町区之部」には、「八重洲町」を挟んで、南に「有楽町」、北に「永楽町」がある。「永楽町」とは初めて見た。
ウィキには、
町名としての「有楽町」は明治初めに誕生したが、その時、現在の東京駅あたりに「永楽町」が誕生していることから、地名研究家の櫻井澄夫は、有楽、永楽はペアの地名であって、明治初期の新政府(東京)による町名確定の際、新造されたいわゆる瑞祥地名の一種であるとしている。
とある。それにしても、有楽町が残り、永楽町が消えたのはどういうわけなのだろうか。昭和初期、震災後の復興区画整理で消滅したようだ。
『新撰東京名所図会』「麴町区之部上」(東陽堂。明治三十一年十月)には、
永楽町は一丁目二丁目あり。和田倉門の東即ち呉服橋門より八重洲橋に至れる一帯の一区域をいふ。其の東北の方に銭瓶橋あり。むかし此辺にて永楽銭の入りし瓶を掘出せしとの説あるに因り。近時此名を附せしといふ。
有楽町は。一丁目、二丁目、三丁目あり。馬場先門外より南の方。数寄屋橋門、日比谷門以内の地。(中略)元和の頃茶道を以て世に鳴りし小田有楽斎此地に居住せしに因り。明治以後此の名を附せりといふ。有楽斎の来住せしこと詳ならず。
とある。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2320] [2319] [2318] [2317] [2316] [2315] [2314] [2313] [2312] [2311] [2310]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone