忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
夕刊紙の見出しに「毒婦」とあった。「毒」を盛ったから「毒婦」とでも言いたいのだろうが、違う。『日本国語大辞典』には
人をだましたりおとしいれたりする無慈悲で性根の悪い女。奸婦(かんぷ)
とある。毒を盛る必要はない。
『字通』は、「毒」について、
婦人が祭事に奉仕するとき、盛装した姿。結髪して威儀を整えた婦人の姿は妻。髪に飾りをつける。その側身形は〓(しよう)、その髪に手をそえた形は〓(敏)。敏捷は婦人が祭祀にいそしむ形。その髪飾りが特に繁多であることを毒という。厚化粧し、盛装した姿は簡素に反するので、毒という。
と説明している。すると「毒々しい化粧」というような使い方が原義に近いことになる。「毒婦」はごく一部だろうが、「毒々しい」ご婦人はたくさん見かける。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1283] [1282] [1281] [1280] [1279] [1278] [1277] [1276] [1275] [1274] [1273]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone