忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
明治20年刊本の複製を買った。驚いたのは、奥付の印紙をも複製して貼り付け、検印を押していること。元の本の奥付(印紙貼付)と複製本の奥付と二通り奥付があるが、後者の印紙部分は勿論影印だ。私の青年時代には「検印省略」と記載の本をよく見かけたが、最近は「検印省略」すら省略している。太宰治が最初の出版物に嬉々として検印を押す記述があったのを覚えている。数百ならいいだろうが、数千、数万となると大変だ。
前の持ち主は上野文庫で買ったらしく、巻末に上野文庫のシールが貼ってあり、ご丁寧に1996年12月のレシートまで挟んである。千円。私は二千円で買った。上野文庫とは懐かしい。四半世紀ほど前、どういう縁か、私の所にも同店の古書目録が送られてきた。興味をそそられるものが多々あったが、申し訳程度に数点買っただけだった。店主・中川道弘氏は2003年に亡くなったそうだ。平成前半だけの店か。世ははかないものだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1685] [1684] [1683] [1682] [1681] [1680] [1679] [1678] [1677] [1676] [1675]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
9 10 11 12
15 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/18 深沢秋男]
最新記事
(07/20)
(07/16)
(07/14)
(07/13)
(07/13)
(07/08)
(07/08)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone