忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
瀬戸内寂聴が次のように述べている。
 小学校の時代から私は文学少女でしたから、もうすでにたくさん本を読んでおりました。高い本はなかなか買ってもらえないのですが、岩波文庫は安いですから、自分のお小遣いで買えました。
 当時の徳島の町に本屋は二軒ぐらい、いい本屋があって、そこへ行きますと岩波文庫が大体揃っていました。その本屋で欲しい岩波文庫を買って来ては、夢中で読みました。(岩波書店『図書』2014年1月号)
小学生が岩波文庫を買っていたとは驚きだ。私は中学・高校の時新潮文庫を買ったが、岩波文庫は大学生になってからだと思う。今の大学生は岩波文庫を買わない人の方が多いだろう。教育のレベルが下がっているのか。
最初の文庫本は、中学1年の時の『伊豆の踊子』。旧漢字・旧仮名だった。文庫本が新漢字・新仮名遣いに移行していったのは戦後20年経ってからだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[957] [956] [955] [954] [953] [952] [951] [950] [949] [948] [947]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone