忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
山口昌男は『内田魯庵山脈』39頁に、
『我楽多珍報』以来の採算を度外視して雑誌を発行するという病は、明治二十三年一月、同好の士と雑誌『しののめ』を発刊するという形で再燃した。更に二十六年春『今模様』を出している。『本道楽』『珍報』までは追いかけることができたが、これらの雑誌はどこを探せば出てくるのか推定することが不可能である。
と書いている。
しかし、明治の新聞雑誌なら、東大明治新聞雑誌文庫を探すのが第一だろう。今はネットで簡単に調べられるが、山口の執筆当時既に『東天紅』なる目録があった。『しののめ』『今模様』ともに東大明治新聞雑誌文庫にある。因みに『しのゝめ』第1号は、明治二十三年ではなく、明治二十二年十二月二十日発行である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2529] [2528] [2527] [2526] [2524] [2523] [2522] [2521] [2520] [2519] [2518]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone