忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
山本夏彦は「豆朝日新聞」発行を思いついた。新書判二頁、毎週月曜発行、駅に置いて無料で持って行ってもらう。大朝日新聞と反対の説を述べる。当然、実際に発行したわけではない。
明治時代には、「小朝日新聞社」が「小朝日新聞」を本当に発行した。宮武外骨『公私月報』第27号(昭和七年十一月)に写真付きで紹介がある。
『朝日新聞』に似せた『小朝日新聞』といふのが出来た。明治十五年十二月八日の創刊、小形で一枚一銭、(中略)赤本や錦絵出版を専門にして居た錦喜の発行である、(中略)翌十六年二月の第四十八号を終りとしてモロクも没去した
この「小朝日新聞」は、現在の東大明治新聞雑誌文庫には残っていないようだ(第一号のみ京都大学経済学部図書室に保存されている)。
山本夏彦は、「豆朝日新聞」を一年五十二週、五十二号で終る、としている。四十八号と五十二号。山本は「小朝日新聞」の存在を知っていたか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2087] [2086] [2085] [2084] [2083] [2082] [2081] [2080] [2079] [2078] [2077]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1
21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(08/20)
(08/19)
(08/19)
(08/19)
(08/18)
(08/17)
(08/17)
(08/16)
(08/15)
(08/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone