忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
 「男はつらいよ」第17作「寅次郎夕焼け小焼け」を見た。今年に入って、講談社から「寅さんDVDマガジン」が発売されている。第1巻は第1作だったが、第2回は太地喜和子の第17作。1976年7月公開。私はリアルタイムで見ている。一番印象に残っていて忘れられない作品だ。太地喜和子がすばらしい。
上野駅構内の食堂が初めのほうと終わりのほうとに出てくる。これも懐かしい。今では考えられない汚らしさだ。
ぼたんの登場。最初は似合わぬかつらをかぶった姿。次は私服。これがすてき。三度目、即2回目の芸者姿は自髪で。その次はくだけた私服。東京では和服。登場するたびに魅力的になっていくのはスゴイ。それまで太地喜和子という人を知らなかった。この映画で初めて見た。美人というのではないが、人を魅了するパワーのある人だ。若くしてなくしたのは惜しい。
宇野重吉・大滝秀治がシブイ。これほどシブイ役者は今いないのではなかろうか。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone