忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
米国の大学の授業料は極めて高いそうだ。政府補助金などないのだろう。
昔の大学は安かった。
文部科学省の「国立大学と私立大学の授業料等の推移」という頁には、どういう訳か昭和50年以降しか載っていない。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/005/gijiroku/06052921/005/002.htm
これ以前も公開してもらいたい。私が入学した時は、年1万2千円だったと記憶している。半期6千円だ。奨学金が自宅通学で月6千円だったと思う。奨学金で楽に授業料が払えた。
大学院に入ったのが昭和50年だから、学部と同じ3万6千円を払ったのだろう。翌年には9万6千円に値上がりした。滑り込みセーフという感じだった。博士課程では半年分授業料免除してもらったことがある。
予備校の年間学費が5万円だったのを覚えている。私立大学はこれ以上だったろう。親は私立に行かせてくれなかった。昭和50年で5倍以上違う。私の頃は十倍以上だったろう。今は50万と百万で約2倍だ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone