忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
昭和三十年代の小学校では「学校貯金」とか「子供貯金」とかいう名目で、生徒が貯金をしていた。もちろん金は親が出す。毎月一回袋にお金を入れて担任の先生に渡す。しばらくすると金額の記載された通帳が戻って来た。
ウィキペディアには「こども郵便局」という項目があるが、これは私がやっていたのと違う。「封筒型の『こども郵便貯金通帳』」とあるが、私は今の貯金通帳のような小冊子型だった。学校に窓口があり、生徒が運営していたとあるが、これも違う。お金は先生に渡すだけだった。おろすのも自由で、母親が手術したとき、ほとんど引きだしたらしい。他人の通帳をのぞいて喜ぶ輩がいたが、甲が「A君すごい」と言うと、乙が「真ちゃんはもっとあったけど、事情があっておろしたから少なくなったんだぞ」などと言った。この言葉が記憶にあって、後になって「ああ、手術代をおろしたんだな」と思い出した。それが小学四年の時。後にも先にも通帳の記憶はない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1980] [1979] [1978] [1977] [1976] [1975] [1974] [1973] [1972] [1971] [1970]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
5
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/10)
(12/08)
(12/08)
(12/07)
(12/06)
(12/04)
(12/03)
(12/02)
(11/30)
(11/30)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone