忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
大正十三年七月三十一日、奢侈品課税法が公布され、生活の必要程度をこえ、または分限をこえた物品、たとえば玉突台、金庫、畜犬、自動車、庭園、遊興、骨牌、観覧などに税をかけたという。
金持ちも貧乏人も一律に課税する「消費税」はやめ、高級品・贅沢品に高い税を課すべきである。大正時代の例から考えれば、犬を飼っている人には税を課すべきだ。中国などではやっているらしい。糞や毛をまきちらすのは公害でもある。庭園も広さに応じて固定資産税とは別に課税すべきである。お役人はもっといろいろ思いつくだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2188] [2187] [2186] [2185] [2184] [2183] [2182] [2181] [2180] [2179] [2178]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/15)
(10/14)
(10/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone