忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
源頼朝が大頭だったというのは有名な話だが、写真が残っているわけでもなく、本当かどうかわからない。
石橋思案は大頭だったという。江見水蔭「硯友社と文士劇」(『硯友社と紅葉』所収)に、
幕明きには下男がゐる。これが思案の役目だが、その下男の鬘が如何しても納まらない。当人は納まつても頭が人並脱れの大形なので、鬘の方が納まらなかつた。〈中略〉大頭に無理に嵌めた大森鬘は、アツといふ間に転げ落ちた。
とある。これは間違いないだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2253] [2252] [2251] [2250] [2249] [2248] [2247] [2246] [2245] [2244] [2243]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
7 8
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/20)
(06/20)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/18)
(06/18)
(06/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone