忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
二十代、三十代は『大字典』を使っていた。「漢和辞典は何がいいですか」と誰かに聞いてこれを薦められたような気もするが、誰だったか覚えていない。
四十代で『新大字典』が出たが、買わなかった、買えなかった。『大字典』と中身は大差ないだろうという思いから買わなかったし、16,000円もするので買えなかった。20年以上経って、三千円足らずで買った。
このスタイルは、小学生の時買った講談社の国語辞典と似ているので懐かしい。ネットで調べると、馬淵和夫編『小学国語辞典』が、1960年刊、660pとある。時期はその頃だろうが、私の記憶では千頁を越えていたような気がする。厚い紙なら660頁でも太ってみえるだろうから、これか。『たのしい五年生』に広告が載って、早速買いに行った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1680] [1679] [1678] [1677] [1676] [1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
9 10 11 12
15 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/18 深沢秋男]
最新記事
(07/20)
(07/16)
(07/14)
(07/13)
(07/13)
(07/08)
(07/08)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone