忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
国会図書館は、
東京本館及び関西館の書庫の全体収蔵能力は、平成31年度には限界に達すると予測されており、書庫を増設する必要があります。
として、関西館の南に書庫を増築している。現在は第1段階の書庫だが、想定では第2・第3の増築書庫ができるという。関西館の裏山は広いので更に増築可能だろうが、東京本館はどうか。増築の余地はない。西の自民党本部までをつぶしたり、北の最高裁・国立劇場をつぶしたりできるか。
デジタル化の済んだ原資料を関西館書庫へ移す、ということぐらいしか考えられないが、かなりのスピードでデジタル化を進めないと書庫が満杯になってしまうのではないか。
国立図書館はいいが、市立図書館で書庫を増築したという話を聞いたことがない。古くなったもの、利用度の少ないもの、破損したものなどを処分しているのだろう。処分する資料について定めのようなものがあるのだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2461] [2460] [2459] [2458] [2457] [2456] [2455] [2454] [2453] [2452] [2451]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/28 長財布 メンズ スーパーコピー]
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone