忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
ある本に「喝道」に「ドゲザ」とルビが振ってあった。
『日本国語大辞典』の「喝道」は、
① 大声でしかりつけること。どなりつけること。叱咜(しった)すること。
② 貴人の通行の際、先頭にたって声をあげて、通行人を制すること。さきばらい。
となっている。
『世界大百科事典』の土下座は、
屋外での跪礼すなわち土下座は《弘安礼節》にもみえ,江戸時代には大名の通行に際して庶民は土下座をさせられた。一方,武士もまた身分によって,宮方や上級の公卿には土下座する定めであった。
となっている。
ウィキペディアには、
近代まで庶民が貴人に面会するときも土下座をするのが通常であった。近世の大名行列に対し、行きあわせた庶民は土下座をしなければならないという認識もあるが、実際に土下座の義務があったのは将軍、御三家、およびその地の領主に対する場合のみであった。他方で義務がなくとも自発的に土下座をする庶民もいた。
とある。
「喝道」に「ドゲザ」とルビがあるということは、先払いの声に応じて通行人が土下座をしたということなのだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2433] [2432] [2431] [2430] [2429] [2428] [2427] [2425] [2424] [2423] [2422]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone