忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
今、新聞の号外は駅頭などでタダで配っている。しかし、以前は一枚刷を販売したものだ。その前はやはりタダであった。境目は日清戦争。日清戦争以後、号外を売るようになった。
岡本綺堂『思ひ出草』(昭和十三年)に、次のようにある。
新聞の号外発行はこれまでにも絶無ではなかつたが、それはよくよくの重大事件に限られてゐて、各社の配達人がその購読者の家々へ配達するに過ぎず、号外だけの一枚売りはしなかつたのだが、日清戦争勃発と共に新聞号外が飛ぶやうに売れはじめた。ラヂオの放送もなく、新聞の夕刊もない時代に、悠々閑々と明日の朝刊を待つてはゐられないので、各人が争つて号外を買ふことになる。今までは無代価と決まつてゐた号外が、こゝに一枚五厘とか一銭とかいふ価を生じて、各社直属の配達人ではなく、臨時に号外だけを売りあるく者が出来た。いはゆる号外屋である。各新聞社でも我社の広告になるといふやうな意味で、その号外屋にも号外を分けて遣る。最初は無代償であつたが、それでは無制限になるので、中途から百枚一銭ぐらゐを徴収することにした。而も百枚一銭で仕入れた号外が五十銭にも一円にも売れるのだから大儲け、今日の言葉で云へばボロイ商売だ。
さて、これがいつからまた無料配布になったのか、今はわからない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2135] [2134] [2133] [2132] [2131] [2130] [2129] [2128] [2127] [2126] [2125]
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/22)
(01/22)
(01/21)
(01/20)
(01/19)
(01/19)
(01/19)
(01/19)
(01/18)
(01/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone