忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
某古書店からのメールの末尾に、
あなたからの双鯉魚が、私の生きる糧となる……。
とあった。
「双鯉魚」とは何ぞや。ネットで調べると、次のような説明があった。


双鯉魚】手紙。 二匹の鯉の腹に入っていた、雌雄一対の鯉を折り紙で作った、2つの木板を合わせて作った木鯉などの説がある。「鯉魚を烹る」は、分解して書簡を取り出すこと。 
使用例)「遠方の友吾に双鯉魚を贈る、童を呼び鯉魚を烹る、中に尺素の書あり、長跪して素書を読む」昔、双魚と書いて之を手紙と読ませたといふ話(牧野信一、素書)

「飲馬長城窟行」という詩に出てくる。
今はかなり難しいことでもネットで簡単に調べられるようになった。今般、円朝作品に注解を施したが、ほとんどグーグルに頼った。昔の人ならあちこちの図書館をかけずり回ったことだろう。便利な世の中になったものだ。
しかし、喜んでばかりはいられない。米国の研究によると、座ってばかりいると寿命がちぢまるという。できるだけ歩いたほうがよいそうだ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone