忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
山本笑月『明治世相百話』(中公文庫)「日本最初の勧工場」の章に、
明治の末年、新橋際に博信館の開業
とある。昭和十一年の初版単行本も同様。しかし、新橋際角にあったのは
帝国博品館勧工場
である。当時の京橋区南金六町4番地、同地が現在は中央区銀座8-8-11となっていて、博品館トイパーク・博品館劇場がある。
では、笑月は、どうして「博品館」を「博信館」などとしたのか。文庫本末尾の「父の思い出」によると、笑月は大正八年、健康を理由に朝日新聞社を退社、晩年の数年間(菊池註=昭和初め)は床に臥すことが多かった。昭和十一年、亡くなる直前に『明治世相百話』が出版されたという。弟・長谷川如是閑の跋文には、東京朝日新聞に連載されたものを多少補綴し一巻に纏めたとある。本人は校正できなかったようだ。笑月は深川生まれの江戸ッ子だから、「博品館」を「ハクシンカン」と言っていたので、つい「博信館」と書いてしまったものだろうか。口述筆記でなければ、それぐらいしか原因が思い当たらない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2503] [2502] [2501] [2500] [2499] [2498] [2497] [2496] [2495] [2494] [2493]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/15)
(10/14)
(10/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone