忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
今は「経済アナリスト」などという職業までできているが、「分析」というのは大事である。『舎密開宗』にも出てくるが、「分析」というと化学・物理のにおいがする。明治初期、科学の教科書に載ったのか、「分析」という言葉が流行したようだ。これに飛びついたのが都々逸子。

文字分析都々逸
櫻といふ字を分析すれば二貝(二階)の女が木(気)にかかる
戀といふ字を分析すればいとしいとしと言ふ心(『団々珍聞』? 未調査)
松といふ字を分析すれば君(公)とぼく(木)との差し向かひ
癪と云字を分析すれば主ゆゑ病が積(つむ)とかく
(『新撰端唄都々一集』明治十八年八月)
呑といふ字を分析すれば二人口とはうまいさけ
(『新撰音曲独稽古』明治二十年)
女と云字を分析すれば浮世のがれぬくノ一ツ
(『大津ゑ入都々逸』明治二十三年)
妾といふ字を分析すれば家に波かぜ立つ女
(『滑稽新聞』第百五十八号「科学情歌」明治四十一年三月五日)

心情分析都々逸
先のこころを分析すれば啌と実との七ト三
(『声くらベ 二編』明治八年)
恋の性質分析すれば愛素好素(すいそ)でなしたなか
(『開化新撰都々逸』明治十三年)
恋といふ字を分析すれば苦らう七分にらくが二分
(『〔一粒精選〕都々逸集大全』明治十八年四月)
化学術でも分析出来ぬゝしとわたしの親和りき
(『〔一粒精選〕都々逸集大全』明治十八年四月)
惚たといふ字を分析すれば色と欲とのふたごゝろ
(『〔一粒精選〕都々逸集大全』明治十八年四月)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2165] [2164] [2163] [2162] [2161] [2160] [2159] [2158] [2157] [2156] [2155]
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
5
9
18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(04/19)
(04/19)
(04/19)
(04/17)
(04/17)
(04/16)
(04/15)
(04/15)
(04/15)
(04/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone