忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
古書店から購入した本が「図書館廃棄本」。ラベルも貼ったまま。扉裏には「再活用図書」と大きく赤の印が押してある。「再活用図書」を検索すると、「再利用図書」も出てくる。
図書館での役割を終えた図書を、市民の皆様に差し上げるコーナーを各館に設置します
などとしている図書館もある。
大阪市立中央図書館は、開館時に1階入口前で「ご自由にお持ち帰りください」として本を並べてある。おじさんが群がっているので、私は近寄ったことがない。このようにしてタダで手に入れた本を古本屋に売る人がいるのだろうか。しかし、私の買った本は、700ページを越える立派な本だ。昭和50年刊。図書館はどういう基準で廃棄するのだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1616] [1615] [1614] [1613] [1612] [1611] [1610] [1609] [1608] [1607] [1606]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone