忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
金鱗堂(尾張屋清七)の切絵図で、町家はグレーで示され、町名が書かれるだけで、どこに何屋があるのか、どこに誰が住んでいるのかはわからない。
しかし、例外は必ずあるもの。「番町大絵図」の麴町六丁目に「切エヅ板元金鱗トウ」(実際は「切エゾ」となっている)と自店の所在地を示したというのは有名な話。自分の所だけ書いたのではマズイと思ったのか、麴町三丁目には「助惣」と書いてある。これは「助惣焼」の店で、どら焼きの先祖のようなもの。
「助惣」とだけ書いて「橘屋」という店名までは書いてない。江戸の名物餅菓子。道路を隔てた麴町三丁目北裏の「おてつ牡丹餅」は書いてない。店の規模に差があったのか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2122] [2121] [2120] [2119] [2118] [2117] [2116] [2115] [2114] [2113] [2112]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
7 8
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/16)
(06/15)
(06/14)
(06/13)
(06/12)
(06/11)
(06/10)
(06/09)
(06/09)
(06/06)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone