忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『続続 値段の明治大正昭和風俗史』(朝日新聞社)の、「値段のうつりかわり 下宿料金」、昭和四十三年一万三千円とあった。これは東京都文京区本郷で2食付き四畳半乃至六畳の料金とのこと。私はこの年、豊島区三畳朝晩食事付きで一万円だった。ただし、日曜日は食事なし。相場どおりということ。月々の小遣いなど、いくらで、どうやってもらっていたのか、全く記憶にない。銀行振込の時代ではない(そもそも口座を持っていなかった)し、為替が送られてきた記憶もない。現金書留封筒が届いたこともない。金をもらいに田舎に帰った覚えもない。銀行や郵便局に行った記憶もない。
これから、この手の本は「明治大正昭和平成」となるのだろうが、これだけで8文字とってしまう。「明治~平成」では心配か。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2193] [2192] [2191] [2190] [2189] [2188] [2187] [2186] [2185] [2184] [2183]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
16
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(07/20)
(07/19)
(07/19)
(07/18)
(07/17)
(07/15)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone