忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
永井荷風は『日和下駄』(大正四年)において、
私は外濠の土手に残った松の木をば雪の朝月の夕、折々の季節につれて現今の市中第一の風景として悦ぶにつけて、近頃四谷見附内に新築された大きな赤い耶蘇の学校の建築をば心の底から憎まねば成らぬ
と書いている。
上智大学ができたのが大正二年。赤煉瓦造四階建。今の四谷・上智大学や市ヶ谷・法政大学の建物を見たら、荷風は何と言うだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2146] [2145] [2144] [2143] [2142] [2141] [2140] [2139] [2138] [2137] [2136]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
7 8
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/16)
(06/15)
(06/14)
(06/13)
(06/12)
(06/11)
(06/10)
(06/09)
(06/09)
(06/06)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone